Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>






qrcode



素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き]

mail
Birthday countdown
QRコードbyりおままさん
QRコード
BANDAGE
35歳を過ぎて、ある日突然KAT-TUNのA・仁に恋したワタシ。
あれからX年。
戸惑う家族に対して地道な活動を続け、ついに、自分の誕生日に初コン参戦を果たしました!
勝手気ままな日々の戯れ言、無限に広がる妄想、イタさ満点のへっぽこ日記です。
and…TV、映画、本のつれづれレビューなど。

はじめまして、の方は「プロフィール」欄もご覧いただけると嬉しいです。
<< シアワセ、ナツ祭り | main | 予告編〜BANDAGE〜TRAILER >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| 2010.02.08 Monday | - | - |

an・an No.1677 愛する男に愛されたい
07:57
 衝撃のお知らせから待ちに待って…

朝イチで、近所のコンビニに行って2冊入手してきました。

いや〜…ほんとに、こちらの想像を遥かに超える衝撃です。
すごい。
本当に、その言葉どおり「すごい」。

何がすごいって、仁の「本気」が伝わって来る感じが。

すでに昨日までのスポーツ紙や、an・anHPの「COVER STORY」にも掲載があるとおり、ものすごい意気込みでこれに挑んだんだなあ、というのがよくわかりました。

なんとなく、のイメージなのですが、彼は仕事に対してものすごくどん欲だったりがっつりしていたり、っていうのがワタシの中にはなくて(苦笑)、どちらかというと、自分が求められているものに、すっと溶け込んだり、すごく良い意味でもそうでない意味でも「まんま」そこに存在している、っていうイメージがあったんですよね。
もちろん、そういう「ありのまま」「あるがまま」の感じが好きでもあるんですけれど…。
それが、「WONDER」「Helpless night」あたりの、他のアーティストとのコラボレーション然り、今回のもの然り、ものすごく「どん欲」に取り組んで行く感じがビシビシと伝わって来て、特に今回のものは、すごく長い時間をかけて完成形に向けて突き進んだんだろうなあ、というのが紙面に出ていて。

鳥肌と、ため息(もちろん、賞賛の)と、手の震えが止まりませんでした。

25歳の彼。
それをこうした形で、受け止めることができるこの環境がファンとしてはとてもシアワセで。

もっともっと、すごいものをこれからも魅せていってくれるんだろうな、という新しいステージへの期待も含めて、「可能性」の無限さに改めて感動しました。

もちろん、世間的には賛否両論あるんだろうけれど…ワタシは、ひたすら、感動しました。
写真もとても美しくて。限りなくエロティック。
個仁的には、すごい笑顔満面のショットも好き。
ああ、こんな顔で笑ってる、素敵だな、ってそれだけでじんわり涙が出そうなくらいに。

きっと、10年経っても、この写真たちを、見返すと思うなあ。
ワタシの記憶の中に永久保存されました。

仁、素敵な作品をありがとう。
やっぱりあなたは、すごい「表現者」だと思います。


| 2009.09.23 Wednesday | 御仁のこと | comments(2) |

スポンサーサイト

| 2010.02.08 Monday | - | - |
Comment
25日にこちらでは発売だったので、朝の4時にコンビニに駆け込んでゲットしました。 別便で2冊注文してるんですが、まだだし。   娘の前では見れないけど、ただ綺麗だな と思いました。 半開きの目が特に印象的で・・   会社でみてたら(二日出社してます、仁くん)直の上司が 「それ、赤西くんっていうと? 生で食べられると?」と訊いてこられたんです。 生でいけると思います と返事はしたんですが、何と勘違いしてるのやら(爆) 裸の青年を生で食べるだなんて、おいしすぎるぅ と内心叫びはしましたが(笑)
From.りおまま 2009/09/26 1:14 PM
立ち読みしてきたよー。
今回はビ●本じゃなかった(笑)

まわりを気にしながら、ドキドキして本を手に取って。
ハッキリ言って挙動不審であやしい動きをしていたと思われます(汗)

エロいよ!
10代には見せられないわっ!
From.めぃ 2009/09/24 8:32 PM