Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>






qrcode



素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き]

mail
Birthday countdown
QRコードbyりおままさん
QRコード
BANDAGE
35歳を過ぎて、ある日突然KAT-TUNのA・仁に恋したワタシ。
あれからX年。
戸惑う家族に対して地道な活動を続け、ついに、自分の誕生日に初コン参戦を果たしました!
勝手気ままな日々の戯れ言、無限に広がる妄想、イタさ満点のへっぽこ日記です。
and…TV、映画、本のつれづれレビューなど。

はじめまして、の方は「プロフィール」欄もご覧いただけると嬉しいです。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| 2010.02.08 Monday | - | - |

妄想の果て…
21:20
昨日は、興奮しすぎたまま寝たせいか、夢に仁だけじゃなくて、なぜか亀ちゃんまで出て来て、起きたらなんだか赤面するような、そんな朝でした。

本当に「激戦」って言葉どおり、そういうことなんだ…と痛感した1日でした。
プラチナチケット、いや、ダイヤモンドチケット、それ以上。

たった1回でも、仁に逢える、それだけで、本当にありがたいことで、それを想うだけで、なんだかじんわり涙が出て来ちゃう、そんな感じです。

一緒に行ってくださることになったお友達にも感謝。

まだ2ケ月先の事なのに、興奮が今の段階でかなりMAXなのですが…どうしましょう(ドキドキ)。


| 2009.12.12 Saturday | 御仁のこと | comments(4) |

キター!
18:50
 キタ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!
願いがまた1つ、叶いました。

【当選】

こんな嬉しい言葉ってあるかしら!

【追記】
おかげさまで、同行してくださるお友達が見つかりました。
エントリ内容の変更削除をさせていただきました。
一緒に行ってくださると言ってくれたお友達に感謝です。


| 2009.12.11 Friday | 御仁のこと | comments(0) |

Pちゃんと仁
04:36
 Pちゃんのソロコンサートのオーラスに仁が来た、っていうニュースをいつも送られて来るメルマガで受信して、その場で飛び上がってしまったワタシです。

ひー。
そんな「すぺさる」な!!
Mステのあのわずかな時間、わずかな瞬間でも萌え死ぬかと思ったくらいですもん。
ステージ上の2人がどれだけ素敵だったかを、あちこちにブログを巡らせていただいて、じんわりと感じ入った次第です。

初日に本当は行くはずだったのに、渋滞で行けなくなってしまって、それでまた再び、なんて、なんというか…Pちゃんのことがいかに好きか!って感じですよねえ…。
城田優くんも一緒だったそうで、きっと嬉しかっただろうなあ、Pちゃんも。

お友達の結婚式用のプライベートソングも2人でごそごそその場で打ち合わせしながら歌っただなんて、もう、想像しただけでキュンキュンしちゃいます。

それは…DVDにはならないですかね??Pちゃん。

| 2009.11.24 Tuesday | 御仁のこと | comments(0) |

an・an No.1677 愛する男に愛されたい
07:57
 衝撃のお知らせから待ちに待って…

朝イチで、近所のコンビニに行って2冊入手してきました。

いや〜…ほんとに、こちらの想像を遥かに超える衝撃です。
すごい。
本当に、その言葉どおり「すごい」。

何がすごいって、仁の「本気」が伝わって来る感じが。

すでに昨日までのスポーツ紙や、an・anHPの「COVER STORY」にも掲載があるとおり、ものすごい意気込みでこれに挑んだんだなあ、というのがよくわかりました。

なんとなく、のイメージなのですが、彼は仕事に対してものすごくどん欲だったりがっつりしていたり、っていうのがワタシの中にはなくて(苦笑)、どちらかというと、自分が求められているものに、すっと溶け込んだり、すごく良い意味でもそうでない意味でも「まんま」そこに存在している、っていうイメージがあったんですよね。
もちろん、そういう「ありのまま」「あるがまま」の感じが好きでもあるんですけれど…。
それが、「WONDER」「Helpless night」あたりの、他のアーティストとのコラボレーション然り、今回のもの然り、ものすごく「どん欲」に取り組んで行く感じがビシビシと伝わって来て、特に今回のものは、すごく長い時間をかけて完成形に向けて突き進んだんだろうなあ、というのが紙面に出ていて。

鳥肌と、ため息(もちろん、賞賛の)と、手の震えが止まりませんでした。

25歳の彼。
それをこうした形で、受け止めることができるこの環境がファンとしてはとてもシアワセで。

もっともっと、すごいものをこれからも魅せていってくれるんだろうな、という新しいステージへの期待も含めて、「可能性」の無限さに改めて感動しました。

もちろん、世間的には賛否両論あるんだろうけれど…ワタシは、ひたすら、感動しました。
写真もとても美しくて。限りなくエロティック。
個仁的には、すごい笑顔満面のショットも好き。
ああ、こんな顔で笑ってる、素敵だな、ってそれだけでじんわり涙が出そうなくらいに。

きっと、10年経っても、この写真たちを、見返すと思うなあ。
ワタシの記憶の中に永久保存されました。

仁、素敵な作品をありがとう。
やっぱりあなたは、すごい「表現者」だと思います。


| 2009.09.23 Wednesday | 御仁のこと | comments(2) |

MANUAL更新…もしかして…
22:51
 1週間と1日遅れて仁のMANUAL更新…。

いろいろ言いたいことはあるさ、そりゃね。
でもね…でもね、結局残ったのは

「このヒト、もしかして…ふつーに、ふつーに『今週がオレの番』って思って書いてるんじゃ????(汗)」という感想。

でなけりゃ、ああいう文章にはいくらなんでもならない気が!!!!!!(苦笑)

仁〜〜。
だとしたら…
ってか、スタッフさんも、そこは…ちょこっと言ってあげてくださいよぅ。(笑)

よろしくお願いいたします(笑)

でも…良かったー。元気で。

| 2009.08.26 Wednesday | 御仁のこと | comments(0) |

楽しみすぎる!!
15:46
 9/2リリースの『BEST of CRYSTAL KAY』。
紹介文もあちこちで発表されていますね。

クリスタルの透明感溢れる歌声とJin Akanishiの艶のある歌声が英語と日本語で絶妙に絡み合う見事なハーモニーも聴き応えのある完成度の高い楽曲は、新たなデュエット・クラシックの誕生をも予感させる傑作に仕上がっている。」って…そんなあ…楽しみすぎる!!!

「BANDAGE」の公開日も決まったことだし…。
たまりません!!!!!(鼻息荒)

| 2009.08.18 Tuesday | 御仁のこと | comments(0) |

なんちゅうタイトルつけるんですか!!!!(驚)
12:55
なんちゅうタイトルつけるんですか!!!!!!!!!!!!!(驚)

「仁〜jin」だって!!!!!!!!!!

…本人は関係ないんだけど、そのタイトルだけでドキドキしてしまうワタシって…一体。

| 2009.07.22 Wednesday | 御仁のこと | comments(0) |

圧倒的な
23:20
 ごくせん「特番」。

俳優学校みたいだった、という彼の言葉、すごく納得。

それにしても。
なんというか…なんですか!あの圧倒的な美しさは!!!と、改めて思いました。
特に第二話。目だけであれだけの凄みが出るなんて、やっぱりすばらしい…。

ワタシはあれをリアルタイムでは知らなかった(ちょうどムスメを妊娠中。そういえば、当時仕事で通っていた小学校で、やたらD-51のあの曲が卒業式シーズン何度も何度も流れていたっけなー)のですが、今観ても、あの美しさにはやられます。
何度見ても、卒業式のシーズンでパブロフの犬状態で、仁の涙とともに、自分も号泣しているという有様。

亀ちゃんのビジュアルは今のほうが「余裕のある感じ」で好きだなあ。


ところで。同じ東宝系だし、「BANDAGE」の予告は流れるんですかね?
早くみたいなり〜〜。

| 2009.07.11 Saturday | 御仁のこと | comments(1) |

7月4日
07:15
 7月4日がこんなに特別な想いを抱く日になるなんて、思ってもみませんでした。

でもあなたがこの世に生を受けてくれたおかげで、
今ワタシの毎日は、ものすごく彩のある生活になっています。

感謝という言葉がチープに思えてしまうほど、たくさんの想いを伝えたくなります。
でも、やっぱり…

「ありがとう」。

このひとことに尽きますね。

仁。
お誕生日おめでとう。
あなたのこの1年がますます素敵なものになりますように。


| 2009.07.04 Saturday | 御仁のこと | comments(1) |

NEW ALBUM詳細発表、ソロ曲「care」
07:38
 新しいアルバムの詳細が発表になった、というお知らせをいただき(ありがとうございました)、ほんとに、リストを見た時に、鳥肌が立ちました。

「care」
仁のソロ曲のタイトル。

この曲、本当に長いファンの方には、それはそれは大切な曲だってことをワタシも、短いこの期間にどれだけ思い知り、感じ入ったことか!

ウタワラでその曲を歌う彼を見せていただいた時、
「アイドル」という枠を軽く飛び越えた、アーティストとしての可能性を無限大に秘めた彼をに、本当に心の底から魅了されたものです。
(楽曲としては、同じ意味で、「ムラサキ」も、ストライクゾーンど真ん中なんですけれど。)

それを「今」の仁の、さらにつややかで伸びやかなボーカルワークでクリアな音源で聴けるなんて!!!

本当に嬉しい。
そして、楽しみです。

コンサートでは生で聴けるのかなあ。
泣くなあ。間違いなく。

| 2009.04.03 Friday | 御仁のこと | comments(1) |